FC2ブログ
M男の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーリープレイ3部作 ~放課後~
学校が終わると

香苗のいじめから解放される

貴重な時間なのさ

俺は学校の帰りにデパートへ寄った
俺は

デパートでぶらぶらするのが好きなのさ

今日は新しいゲームを見に来たよ

うーん

高いや

やめとこう

俺は売ってるのを見るだけでも

楽しいからね

さあ

結構時間も経ったし

帰ろう

その前にトイレだ

トイレを済ませて

手を洗って出たすぐに

誰かに腕を思いっきり引っ張られて

障害者用トイレに連れ込まれた

香苗だった

まさか学校以外で出会ってしまうとは

とんだ災難だよ

しかも香苗の格好は

制服ローファーではなく

ピンクのTシャツに

デニムのミニスカ

黒ストッキングに

10センチぐらいのヒールが付いている

黒ブーツを履いていた

このブーツを見た瞬間

確実に踏まれるって思ったよ

「学校じゃないけど見つけたからには蹴らないとね」

そういうと俺のふとももに

いきなり蹴りを放ってきた

痛みでふとももを手で押さえる

するとその手を

邪魔といわんばかりに

蹴り続ける

ブーツの硬いつま先が

軟らかい手の甲を襲う

3回蹴られた時に

もう我慢できなくなって

手をどける

ガードのなくなったふとももを

再び蹴り続ける

ふとももの筋肉が

おかしくなりそうだ

限界がきて

俺はしゃがみこんで

腕全体でガード

すると

ブーツで身体の横から押すように蹴られ

床に倒れてしまった

香苗はブーツを履いて立っていて

俺は床に倒れている

最悪な状態だよね

今まで蹴られ続けたふとももを

ヒールで刺され始めた

痛すぎる

涙が出るほどの痛み

手でガードしても

どうせ靴底で痛めつけられるだけだし

もう諦めて

ひたすら我慢したよ

その後は

頬をぐりぐり踏みながら

ヒールを口に入れたり

肋骨当たりをヒールで踏み躙られて

骨が折られる恐怖を味あわされたり

おなじみ体ウォーキングで

手から腕

腕から胸

胸から腹

腹からふともも

という風に歩かれて

最終的には

顔に両足で立たれてゴール

もちろんブーツでね

執拗なブーツ責めにより

ぐったりとした俺

動かないのを確認した香苗は

俺のズボンを脱がし始めた

抵抗はしなかった

香苗がブーツを履いたら

もう何やっても無駄

香苗は俺のチンコを

ブーツで扱き始め

強制的に射精させられた

香苗は靴底についた精子を顔の上に持ってきて

「自分が汚したんだから綺麗にして」

俺は舌を動かし自分の精子を舐めた

香苗は満足しトイレから出て行った

俺は少し休んだ後

トイレットペーパーで精子をふき取り

トイレを後にした



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mo2000.blog54.fc2.com/tb.php/101-8b84437e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。