FC2ブログ
M男の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーリープレイ3部作 ~昼食~
昼食の時間になったよ

身体中がズキズキするけど

ご飯食べないとね

だって昼食のメニューは
母が作ってくれたおにぎりだからね

けど

一緒に食べる友達はいないけどね

一人教室で

3つのおにぎりを食べるよ

鮭が入ってる

うん

おいしい

次は昆布だ

けど

おにぎりを取ろうと思った時

おにぎりが入った器ごと

誰かに取り上げられた

見上げると

香苗だった

香苗はついて来いといわんばかりに

顔で合図して

歩いて行った

母に作ってもらったおにぎりだし

器は俺のだから

返して貰わないと

俺は香苗の後をついて行った

ついた先は

誰も来ない廊下の突き当たり

俺は返すように言ったんだ

すると香苗は

「このおにぎり美味しそうね」

「もっと美味しくしてあげる」

そういうと持っていた器を逆さにし

2つのおにぎりが廊下に落ちた

そのまま無言で

おにぎりをローファーで踏み潰したんだ

三角形の厚みもあるしっかりした美味しそうなおにぎりが

ぺちゃんこにされた

さらにその物体を

地面とローファーの靴底で上下から圧迫されて

おにぎりは無残に汚れた米として廊下に散らばっている

「さ、召し上がれ。口だけでね」

召し上がれって何を?

口だけで?

意味が分からない

しかしこの状況から

廊下に散らばった

汚れが廊下と靴底によって

沢山付着している食べ物のことを言ってるのだろう

逆らうと蹴りが飛んでくるし

母が作ってくれたおにぎりを

このままにするのは駄目だ

俺はゴミ同然の食べ物を

跪いて

手は使わず

口だけで食べた

厚みのある物は口で銜えて

ぺちゃんこにされている物は舌で剥がすように食べた

全部食べきって

見上げると

「ここにもまだ残ってるよ」と

靴底を見せてきた

香苗は壁にもたれながら片足を上げ

俺は両手でローファーの側面を大切に持ちながら

靴底を米の白色がなくなって

本来の黒色になるまで舐めあげた

靴底が綺麗になって

その旨を伝えた

すると靴底が顔に当てられ

そのままローファーで押し倒された

そして顔を靴底で擦るように踏みつけながら

「よくできました」

と言って香苗は教室に戻っていった

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
コメント
これは素晴らしいストーリーですね。
情景が目に浮かんでくるし、想像を
掻き立てます。僕も最近靴舐めにハマって
います。しかもさっき道路を歩いてきて
ゴミや土が付いてる外底をね。
きれいになるまで舐め舐めしました。
無性に興奮しました(*^_^*)
2009/10/03(土) 05:35:43 | URL | mshi #9DbVpkDs [ 編集 ]
それはそれはヽ(〃v〃)ノ
靴舐めも踏まれるのも
実際に外を歩いたのを見てたら興奮度UPします(*pωq*)
2009/10/04(日) 10:34:09 | URL | えむお #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mo2000.blog54.fc2.com/tb.php/100-4a78809b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。